日々のあれこれや叫びなど
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


08 , 07
ようやく最終話を更新できました。
結局無線LANを買い直しました。昨日にはもう使えるようになったのですが、この機会にもう一回見直して修正しようと思ってしていたら、かなり修正をすることになりまして。

予定していたものとまた少し違うものになりました。
本当はルルーシュはまだゼロが生きていると信じていて、迎えに来てくれたらその手を取る気満々、な感じだったのです。
でもそんな状態でルルーシュはスザクと結婚しようとするかなと考えたら、違うなと思ったので、更新した通りの内容になっています。

今回は殆どスザクの視点になってます。
ルルーシュで書くべきだったのに、それだとどうしても書けなかったので、こういうことに。

私が元々予定していた話は下記の通り。

スザクとゼロ、炎上する寺の中での会話。

ルルーシュがヨシノでヨシノの君を待っている間にやってきた藤堂との話。

ルルーシュは都へ帰る決意をするものの、ヨシノの君が迎えに来てくれたらヨシノの君と行くつもりでいる。

スザクは酒浸りになりながら、ユーフェミアと親しく話す。そこでユーフェミアがスザクにキスをする。
スザクは酒を飲んでいることもあって、それを享受。
そこをルルーシュが目撃。

スザクがそれに気づいてすぐに追いかけようとするが、ユーフェミアに好きだと告白されてすぐに追いかけることができない。

ルルーシュは一人とぼとぼと夜道を歩きながら、只管ヨシノから歩き続けて帰ってきたために、足が痛くて、石につまづき、こけて怪我をする。

怪我の様子を見ているところにユーフェミアを諭してルルーシュを探していたスザクが来る。

スザクはルルーシュを抱えてそのままルルーシュの屋敷へ。
スザクはそのまま初夜を迎えるつもりでいる。


とまあこんな感じで進んでいく予定でした。
しかし何度書いてもうまく進まないので、結局諦めて違う内容にしました。



今後はとりあえず前々から書くと言っていたスザク嫉妬話の番外編を書いたら、とりあえずこの話を更新することはないと思います。
たぶんミニ小説な感じになるので、拍手の方に。

今のIF設定小説もその時には消します。ログごと消すので、まとめてMAINページに再アップということはありません。




そして私は誕生日を迎えました。ケーキを食べるのが我が家では慣例なのですが、母がなかなか帰ってこないばかりに21時から食べ始めましたよ。おいしかったけど、生クリームが多すぎて気持ち悪くなりました。



では拍手のお返事です。

【 Read More 】
スポンサーサイト
08 , 04
ようやく小説が完成したのですが、更新に使っているデスクトップがネットに繋げないという状況に陥っておりまして、更新ができません。

私が普段使っているパソコンにはビルダーが入っていないので、更新作業ができないんですよね。

いつもは無線アダプタをダウンロードし直したらそれで繋がるんですが・・・どうも反応をしめしてくれなくて・・・。

とりあえずまた夜にでも試してみます。


そして完成した小説ですが、予定していたものとは全然違う展開になりました。本当に全然違う。そして書こうと思っていたところを省略しまくってます。それを省略したまま書かなかったのは、うまく書けなかったからです。
ならもうこうなりゃ省略して書くかーと、いけない発想の末に完成致しました。そしてシリアスの方向に持っていくはずが、シリアスさを感じさせないものが出来上がりました。

あ、しっかりスザルルになってますので。
ちゃんとスザルルになってよかった。

詳しい更新内容のことについては更新したら書くとして、本当なら没にしては行けなかったものを、一応下記に載せておきます。

没話で未完成であるということを前提にして読んでください。

【 Read More 】
08 , 02
なぜかまた拍手でIF設定の小説を更新しました。
今回はもしヨシノの君がルルーシュの手にかかって死んでいたらなお話。
もうさすがにIF設定小説を書くことはありません。
昨日ふと寝る前に思いついてしまって、そしたらどうしても書きたくなってしまってね。むしろ本編の方をこうするべきだったかなと思うくらいです。

もちろん場所は炎上するお寺の中で。
でも本編を書きなおしちゃうと、次の内容に影響が出ちゃうので、できないのです。なのでIF設定小説として拍手にアップしました。

本当はもっと涙を誘うように書きたかったのですが、ここに力を入れても仕方ないかということで、思いのままに書きなぐってます。
そんな状態のものをアップするなという感じですが、まあそれは多めに見て頂いて。




今度こそ更新するとしたらパロ小節の続きです。



では拍手のお返事です。


【 Read More 】
08 , 02
前々からしようと思っていたけど、テスト勉強と課題の為にできなかったデータ整理をやっと終わらせました。

そして、後期に授業でやるHP作りのことを考えておりました。
もちろん課題としてHPを作らなければならないのですが、テーマは自由。何でもいい。そして、今回は発表がない模様!!!

こうなれば、ギアスをやるしかない。
むしろパワポで出来なかったために、今度こそルルーシュの魅力を語りたいという気持ちが強くてですね、これで解消したいのです。

まあそれを見る先生に被害が行くわけですが(苦笑)
ちょっとイタイ目で見られっちゃたりするかなーとも思うわけですが、それを見るのは作っている私と、提出する先生、そして精々友達。
これくらいなら全然OK!クラスメイトが全員知るわけではないのです。

ならやるしかないだろ、私。ということで、後期の自由作成課題はよほどのことがない限り趣味に走らせてもらいます。


この夏休みの間にルルーシュの魅力をどうまとめるかを練りに練りたいと思います。やると決めたら中途半端にはやりません。
だって今一番私の中で熱くはまってるものですからね!

拍手のお返事は次回に。
小説はなぜか次回更新より先の話を考えてしまって全然進みません・・・。
あれです、高彬が刀持って瑠璃姫の屋敷に来るところ。
早く俺属性全開のスザクが書きたくてたまらないらしい・・・。
まあ予定通りいけば、次回更新分にちょろっと出てくるはずなんですけどね・・・。

頑張ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。